ひなまつりに食べる行事食について考える中坊進二


10月は1ヶ月丸々使ってハロウィンです。
12月の下旬はケーキとチキンがよく売れます。
2月の初旬は恵方巻きを売り、
その直後からチョコを特売で売り始めます。
日本のデパートやコンビニは
季節のイベントに合わせて様々な商品を売りますが、
3月に何をしていたかを中坊進二は思い出せません。
3月3日と言えば、ひなまつりですが、
この日にデパートは何を売っているのか何一つ覚えていないのです。

hinamatsuri

そもそもひなまつりには何を食べるのでしょうか。
中坊進二はひなあられを食べるイメージがあるのですが、
それで正しいのでしょうか。
調べたところ、はまぐりの吸い物、ひし餅、
白酒、ちらし寿司を食べるみたいですが、
デパートやコンビニでそれらの商品の販売に
力を入れているイメージが、どうしても思い出せません。
もしかしたら単純に売りにくいのでしょうか。

arare

そもそもハロウィン、クリスマス、節分、
バレンタインで食べるものは、ほぼ全てデパートの営業努力です。
「この日はコレを食べる」と日本全体にしっかりと宣伝したため、
日本人はそれらを食べるようになりました。
ひな祭りも同様にそうした営業努力をしませんと、
国民の行事食として広まらない可能性が高いと中坊進二は考えます。

depert

そして、こうしたイベントは日本中でやるからこそ
効果が高いと中坊進二は思っています。
ひとつの店舗でやっても「食べよう」と思わないかもしれませんが、
街中で「食べよう」という雰囲気を作ることで
購買意欲を促すことが出来ると中坊進二は考えています。
日本人は非常に雰囲気に流されやすい民族なので、
こうした雰囲気作りは経営戦略において非常に重要だと言えます。
これは中坊進二の持論ですが、
あながち間違ってはいないのではないでしょうか。

近い内にテレビCMでも「ひなまつりには○○を食べよう」
というのを見かけるようになるかもしれませんよ。
単価の高さでいえば、
やはりちらし寿司を売るようになるのではないでしょうか。

chirashizushi