モリンガについて調べる中坊進二


ブラジルのアマゾンには、
未知の素材が山のように隠れていると中坊進二は聞いたことがあります。
まだ見ぬ特効薬となり得る素材も、
アマゾンには無数にあると聞いたことがあります。
それゆえ、医療機関を騒がす新素材の報告も毎年のようにあります。
そして今は「モリンガ」が熱いそうです。

moringa

モリンガは南アフリカ産ではなく、アフリカや東南アジア、インドの熱帯植物です。
肥満と育毛に効果があると中坊進二は知りました。
葉っぱにはカボチャの11倍のビタミンが、
緑茶の9倍のポリフェノールが含まれていると言われています。
ちなみに、緑茶は100mmあたり115mgのポリフェノールが含まれています。
参考までにコーヒーは200mg、紅茶は102mg、
赤ワインは101mg、リンゴジュースは68mgです。
カボチャも100g中、ビタミンC(43ng)やビタミンE(6.3mg)、
ビタミンA(0.39mg)が豊富に含まれていますよね。

まだ研究段階なので、
モリンガがどのように肥満や育毛に対して効果をあげるかはよく分かっていません。
ただし、マウス実験で一定の効果が見られたとその学会で発表されたそうです。
今後、モリンガの成分入りの健康食品が登場するようになるかもしれませんね。
中坊進二もちょっと期待しています。

こうした研究は日進月歩です。
お茶が肥満に良いという話は有名ではないでしょうか。
「糖の吸収を抑える」はCMで有名になったかと思います。
育毛に良い素材でしたら、ノコギリヤシが一番有名ではないでしょうか。
男性ホルモンを抑える役割があるそうです。
髪で悩んでいる方は、亜鉛サプリメントがオススメですよ。

zn

こうした新素材が果たす役割は、大別すれば僅かひとつのことに集約されます。
それは「新陳代謝の促進(正常化)」です。
正常な新陳代謝でしたら、肥満にも育毛にもならないという考えになります。
ミュータントみたいに細胞が変身するのもではありませんので、かなり安全ですよ。
ドラッグストアやスーパーで、モリンガ入りの機能性食品を見かけたら、
手に取ってみてはいかがでしょうか。
中坊進二はまだ大丈夫ですが、油断せずに対策したいと考えています。