快眠ホテルに泊まりたい中坊進二


出張や旅行でホテルを選ぶ際、求めるものは人それぞれです。
「出来たばかりのところに泊まりたい」
「熟睡できる寝具が揃っているところが良い」
「朝食が充実しているところが良い」などまさに千差万別です。
旅行好きな中坊進二の場合、
ホテルは寝るところという考えなので上記の中では
「熟睡できる寝具が揃っているところが良い」という要望に近いとのこと。

hotelview

そんな最中、快眠をコンセプトにした宿泊ホテルが六本木に登場しました。
ただ夜間を過ごすための場所ではなく、
心地良い眠りを提供することに力を入れたホテルになります。
今回中坊進二は、巷で評判となっている快眠ホテルについて紹介します。

roppongi

まず、良質な睡眠において最も重要なのはベッドです。
中坊進二はステンレスタイプの椅子を4つ並べて、
カピバラさん(枕として使用)があればグッスリ眠れますが、
筋肉を休ませるなら、ふかふかのベッドは必須です。
このホテルでは特注のベッドが配置され、
さらにはマッサージチェアに、スペシャルなシャワーなど、
様々な設備が導入されています。

massage

さらに、朝食もスペシャルなものを用意し、
60種類のビュッフェにて脳をシャキっとさせます。
その分、お値段の方はかなり張り、
シングルルームだけでも2万3,600円もします。
ビジネスホテルが5000円台と考えると、
この快眠ホテルはかなりのブルジョアですね。
中坊進二のようなプロレタリアートには中々厳しいと言えます。
今はオープン記念ということもあり、
1日30部屋限定で1万円で提供しています。
より良い快眠が欲しい方は、このホテルを予約しませんか?

buffet

ところで皆さんは快眠について、どこまでのことを実践していますか?
中には何も考えていない方もいるかもしれません。
しかし、快眠をしっかりと行うことで、疲労はもちろん、
精神においてもリラックスすることが出来ると言われています。
中坊進二曰く、現代はストレス社会になりますので、
しっかりと対策しないといけません。
それを睡眠でケアできるのでしたら、
率先してやるべきだと中坊進二は思っています。

中坊進二が言うには、快眠のコツは色々あります。
食事に関しても「就寝の2〜3時間前まで」
「カフェインやアルコールは控える」といったことが言われています。
また、人間の睡眠は90分間隔で
「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の周期になっていることから、
起きる時間を逆算して睡眠時間の計算をすることも重要だと
中坊進二は言っています。
運動やパソコンの光など、色々な要因によって、
良い睡眠、悪い睡眠が決まりますので、
きちんと調べて実践するようにしましょう。