ケバブを食べる中坊進二


日本で大分浸透しつつあるケバブ
中坊進二もよく、移動屋台店でケバブを売っているのを見かけます。
アメ横で食べたケバブは美味しかったです。
ところでこのケバブってどこの国の料理なんでしょうか?
どんな食材を使うことで、ケバブと呼ぶのでしょうか?
ということで今回中坊進二はケバブについて調べてみることにしました。

kebab

ケバブは中東全域の料理です。
ケバブはトルコ由来の言葉ですが、
地域によって呼び名(発音)がかなり変わるみたいです。
カワープ、ケベプ、カバーブ、キャバーブ、チェヴァプなどなど。
ちょっと可愛いですね。
中坊進二が知るケバブは、薄いナンみたいなもの(ピタと言うらしい)に
野菜と肉を入れた物になります。
ヨーグルトが掛かっているのが中坊進二好きです。
辛いのはちょっと勘弁。

middleeast

ただし本場のケバブは、ただの串焼きです。
揚げ料理や蒸し料理、ハンバーグのケバブもあるそうです。
そもそも「焼く」というアッカド語をゲバブの語源とする説もあります。
使用する肉は、宗教によって異なります。
トルコはイスラム教が多いので羊肉と牛肉と鶏肉を使います(豚肉が禁止)。
インドはヒンドゥー教が多いので、羊肉やヤギ肉を使います(牛肉が禁止)。
さらに魚を使ったケバブも存在します。

halal

中東に限らず、ケバブは世界中で人気です。
日本だと中坊進二が食べたタイプがオーソドックスですが、
フランスパンで挟んだり、丸いパンで挟んだり、
中国式焼きパンで挟んだり、割と多種多様。
また、フランスではフライドポテトが付くのが基本の様です。
日本でいうハンバーガーみたいな立ち位置ですね。

ドネルケバブの最大の特徴は、調理過程のパフォーマンスでしょうか。
1メートルくらいの肉の固まりをクルクル回して、
その肉をそぎ落とすと、周囲に香ばしい匂いを届けます。
その匂いに虫のように誘われて、多くの方がケバブを食べるのでしょう。
中坊進二もその一人です。
そしてそこで働いている方は、在日トルコ人の方がほとんどです。
実際の国籍は中坊進二には分かりませんが、
少なくとも日本人ではありませんね。
でも、最近は日本人スタッフも良く見かけるようになりました。
お祭りの屋台でも、ドネルケバブを良く見かけるようになりました。
いまやケバブは、ハンバーガーと同じ感覚で食べられる
ファーストフードだと中坊進二は思います。

kebabmeat

そのうち、給食とかでもケバブは出るかもしれませんね。
トルコ料理はかなり人気なので、
子供たちもケバブを直ぐに好きになると思いますよ。